婚約指輪の歴史

婚約指輪の意味や由来については、世間では知られているようでいて、実際には意外と深くは知らないという方も多いのではないでしょうか。購入を検討している方は素敵な婚約指輪を選ぶためにも歴史について知っておくようにしましょう。

まず、婚約指輪はそもそもどこから生まれたのかということですが、指輪が生まれ、交換する意味が生まれたのはエジプトです。当時、結婚は象形文字の円で描かれ、その円は永遠に途切れぬものという意味を持っていました。また、今では結婚が重要視されていますが、昔は結婚よりも婚約の方が重要と言われていました。重要視されていたので、結婚指輪のみならず、婚約指輪が作られるようになったと言われています。

また、婚約指輪は基本的に薬指にはめることが一般的ですが、これに関してもエジプトからの言い伝えから来たと言われており、意味としては心臓につながっている左の薬指には愛の静脈、愛のパワーが流れていると信じられていたので、左手の薬指にする風習ができました。では、日本では婚約指輪がどのように広まったのかということですが、日本では明治時代から始まったと言われており、それほど歴史は古くありません。

このように、大まかに説明しましたが、婚約指輪は外国から伝わった風習です。今ではデザインや種類も数多く存在しており、婚約をするにあたって欠かせないアイテムとなっています。今回はこれから婚約指輪の購入について検討している方のために、選び方についてを紹介します。

カテゴリー: 未分類 | 婚約指輪の歴史 はコメントを受け付けていません。